私たちにとっては初めての紙芝居。

ページをめくる絵本と違い、紙芝居の場面展開はゆっくり抜いたり、さっと抜いたり、途中で止めたりと豊富です。その特徴を理解するよう丁寧に描き進めました。

 

原作はたけしたふみこさん。たった8場面ながらラキの成長をユーモアにつぐユーモアで表現してあります。あまりに自分好みの展開で、自作だと勘違いしちゃうほど染み入りました。ブラキオサウルスらしい機転が効いているので、きっと恐竜好きの子にも納得していただける楽しさがあるように思います!