うちの子は大変な食物アレルギーを抱えて生まれてきました。卵、小麦、大豆、牛乳アレルギーなどなど。減感作療法のお陰で少しづつ食べられるようになってきましたが、離乳食の頃には食べられる食材が少なくて困りました。その為、母親はあれこれ工夫を凝らして料理するのですが、うちの子は食も細くなかなか食べてくれません。手間の掛けられたご飯が減らないのはほんとうに悲しいものです。そんなとき、ヘリコプターの真似をしながらスプーンを口へ運ぶと、喜んでバクバク食べてくれることを発見しました!

親が子どもの口にご飯を運んであげる時期は、とっても短いものです。よく食べる子も、あまり食べない子も、その時期を楽しんでいただけたらいいなとこの絵本を作りました。絵本にはスプーンコプターのペーパークラフトがついています。ご家庭のスプーンに付けて「あーん」を楽しんでいただけたら幸いです。

© 2018 takeyoi kako